新しい分野での起業にはリスクがあることを理解しておきましょう

サイトマップ

トップバナー

定年退職後の起業

残された時間が長い

法律が改善され、資本金1円でも株式会社を作れる時代となりましたよね。ベンチャー事業等を支援しているNPOの団体も増加傾向にありますよね。日本人の寿命が延びたこともあり、60歳、65歳で定年退職することは昭和からかわってはいませんが残された時間が長く、元気に過ごせる時間も同時に供給されています。

起業を考える人が多くなっている

こういったことが直結し、定年退職後の起業を考える人が多くなっています。この事業に関して、定年起業と呼ばれています。大体、退職金があるならば、ちょっとした商売を始められるのです。コンビニやフランチャイズの経営に必要な初期投資は100万から500万とされていて、飲食店の開業であれば、300万から1000万程度でしょう。

定年退職した地点で、その程度のお金があり、平均寿命より生き残り、20年以上食いつなぐことはできないという現状があります。ですが、その際に体力があり、収入に関しての不安が募るようであれば、企業し、商売を始めてみるのもよいと思います。

独立独歩経営者

ポイント

資本主義となっている現代の日本で、独立独歩経営者として営業するのは、とても難しい話なのです。鉄則としては、定年退職を迎えた後、今まで手を出したことのない、かかわったことのないようなジャンルに手を出すことは控えなければならないという鉄則があります。

世界観を理解している商売を行った人がほとんど
若々しい人

何も知識のない状態で始めるビジネスは確実に失敗するのです。定年退職後の企業の成功例 は、これまでの数年間のキャリアを活かした、世界観を理解している商売を行った人がほとんどだということを理 解しておきましょう。知識を身に着けるには、定年退職後では遅すぎるのです。あくまで趣味、利益はほとんど求めず 失敗してもかまわない、という場合は別ですが、真剣にビジネスをはじめるのであれば定年退職前から準備が必要 なのです。少なくとも5年位はしっかりと下調べなどを行わないと失敗の可能性が高くなります。

定年退職のお祝いの基礎的知識