老後の人生を満足に生きるためにしっかりと計画をたてましょう

サイトマップ

トップバナー

定年退職後の人生設計

その後の人生をどう過ごすか

あなたが定年を迎えとします。定年という定めがあるからには、あなたは会社、官公庁なりに努めていたことでしょう。会社経営、芸術家、個人商店の店主には定年がないので、この2つを例としてあげる事が出来ると思います。そういった時、その後の人生をどう過ごすかを考えている人はどれほどいるのでしょうか。

定年離婚してしまうケース

定年を目標に生きてきた、のんびり過ごしたいという人は多くいます。老後になり趣味や生きがいを見つけ楽しく過ごしている方も多くいると思いますが、定年後、家でゴロゴロしているばかりで楽しいことがなく、妻に愛想を尽かされ、定年離婚してしまうケースが現在とても多くあるのです。

そうでなかったとしても、やりがいのある生活をしていなければ痴呆になるリスクも上がり、痴呆になったときに悪化してしまうという大きなリスクもあります。やりたいことを計画として考えていたとしても、実行できるかどうかはわかりません。なので、現実的なことを考える事が重要なのです。

老後の生活

ポイント

定年までためたお金で世界を見て回りたいという旅行が趣味の人がいたとします。世界一周の船旅を一度やり、全て終わらせることが出来たのであればよいですが、全てを自分で計画しまわりたいと思った時に金銭面での問題や、体への影響が考えられると思います。

老後の生活の計画を立てる
じっくり考える

立てていた計画が病気などで実現することが出来なくなったときのショックと、心へのダメ ージは大きなものとなると思います。老後の生活の計画を立てる際には、その計画を実現することが出来なくなっ た時のことまでも考えておかなければならないということを覚えておきましょう。老後という余生が思った通りにいかない、というのは 若い時の挫折と比べ物にならない位大きいものなのです。人生の仕上げの時間に切り返しが全くきかないのですから。

定年退職のお祝いの基礎的知識