定年退所後、資金を上手に生かすようにしましょう

サイトマップ

トップバナー

定年退職後の資産運用

定年を迎えた後の企業で小金もちになった人も

定年退職を迎えた際に頂く退職金の使用方法は決めているでしょうか。どういった使い方をするかは個人の自由ですが、大金を使ってしまわない方がよいでしょう。よほど良い起業の話でもあるなら使ってもよいとは思いますが。実際に、定年を迎えた後の起業で小金もちになった人も多くいます。

貯金を国家によって保護することが出来る

ですが高齢者を狙った詐欺なども勃発している事から、甘い話には裏があると考えられます。全ての事を考えながら退職金の使い方を考えなければなりません。一番安全なのは、銀行の普通預金として使用することです。少なくはなりましたが、利息を付けることが出来ます。

ベイオフという仕組みを利用する事で、一千万円までは銀行が倒産したとしても、貯金を国家によって保護することが出来るのです。この方法であれば、家に泥棒が入った際等に現金を盗まれるリスクを防ぐことが出来ます。

リターンのある貯金

ポイント

リターンを見込みたいのであれば、元本保障の証券会社のMRFがあります。も問われリスクのあるものであれば、元の投資額より減ったり、悪質な業者は元割れのリスクを説明せずに顧客を集める事もあるので、注意しながら行わなければなりません。

将来に向けて貯金
貯金

例えば、株式投資であれば儲かる事もありますが、ギャンブル感覚ですよね。こういった先の見えない物に投資するよりも、貯金をして、体力があるのならアルバイトをするなどし、将来に向けて貯金を殖やした方が無難でしょう。花のある生活はまだまだなのではないでしょうか。

定年退職のお祝いの基礎的知識