憧れの農業も資金が必要であることを学んでおきましょう

サイトマップ

トップバナー

定年退職後に就農

田舎が好きと答えた方は6割

日本人は田舎を好む傾向にありますよね。傷害保険会社の意識調査では、定年退職をした方で田舎が好きと答えた方は6割にも上っていたそうです。ただ単に田舎の雰囲気が好きであったり、自然が好きであれば山登りや、秘湯温泉めぐり等方法はいくつもありますが、商売という道もあります。

農地の手入れをし耕すという仕事

それは、就農です。農地の手入れをし、耕すという仕事です。人類が何万年も昔からやってきた偉大なる仕事、人類文明ともなるとても素晴らしい仕事です。定年退職後に就農する方は、全国に4万人に上るといわれています。こうなると、田舎が好き、田舎ブームが起きているという言葉で片付けられませんよね。

現実問題として、農業だけで生活を維持するのは現在の日本ではとても厳しい物となってしまっ ています。年収百万円を稼ぐ為に必要な農地の目安は、最低でも1ヘクタールとされていて、土地がない限りは不 可能で、購入するのであれば、大体1億円は下らないといわれています。これほどの金額を準備しておいて、それで 年収数百万円、という厳しいレベルなのです。ですので、農業は素人が気軽にはじめられるもの、というわけでは ないのです。

膨大な資金

ポイント

田舎でなく都市郊外がいいと望むのであればその倍の額が必要になるのです。1ヘクタールの土地を1人で耕す事も出来ないので、その他もろもろの初期費用にも大きな資金が必要になるので、会社を始めるよりもお金が必要になります。農業は高齢化が進んでいる現在の状況から見て、60歳の方が新規濃縮をやると、若い人がいたから歓迎されたという実例もあります。

誰にでもあるような定年退職後の可能性
自転車をこぐ

そういった土地で身を寄せて暮らしていくことは、会社の組織人として生きていくこ ととはまた違った難しさがあるとは思いますが、誰にでもあるような定年退職後の可能性として、プランデ ィングの中に入れておいて間違いはないと思います。高齢化社会は問題ではありますが、その一方でご老人の方々 が様々に活躍できる場も増えてきているのです。

定年退職のお祝いの基礎的知識