これまでの経験を生かして自分のキャリアを生かそう

サイトマップ

トップバナー

キャリアプラン

できるような仕事はある

定年退職後も仕事をしていたいと思った際、どういった仕事があるのか知っていますか。どういった老人でもできるような仕事はあるのです。駅等の駐車場の管理人や、高速道路等の料金所の職員等、大体全ての職業がどういった人生を送った人が務めているのかはわかりませんが、大体が高齢の方だと思います。

社会の役に立つことの出来る仕事

そのような職業をするのもよいと思います。少なくとも、家でゴロゴロする老後よりかはより良い物になり、社会の役に立つことの出来る仕事である事は確かです。ですが、定年退職を迎える前でに勤めた仕事があるのなら、それと関わった仕事をすると良いと思います。

例えば、不動産営業マンとして働いていた方が、不動産を定年退職後に営業することは難しいことかもしれませんが、不動産鑑定士や宅地見物取引主任者等の仕事につき、独立して商店を始める事も出来ますが、案外大変なことですが、何もわからない業界に飛び込むよりも失敗が少ないでしょう。

経験を活かしたプラン

ポイント

現役時代の知識、経験を活かす事が大切であることをプランを立てる際に覚えておき、現役時代の意識は捨て去らなければならないというジレンマのようなものも存在しているので、理解しておきましょう。例えば、不動産の営業マンとして務めていた時代は部長の役職であったかもしれませんが、不動産鑑定士になったあなたは、ただの不動産管理人なのです。

長い間体に染みついている意識
ペットと散歩

そうなると、上司も部下も上下関係が全くない状態になるのです。組織人として長い間体に染みついている意識を抜 くことが出来ずに失敗することも多くあるので、あなたがしたいこと、プランの中でどういった変化を付ける事が出来るかという現実 的な問題がある事を理解しておきましょう。 何十年という年月を費やして身体にみについてしまった感覚を抜く、というのは非常にむつかしいというのはありますが、 定年すれば、あなたは、ただの一個人にしかすぎないのです。良い意味でも悪い意味でも、それを常に意識して定年後の プランを組んでいく必要があるのです。

定年退職のお祝いの基礎的知識