新しいステージである定年退職について学ぼう

サイトマップ

トップバナー

定年退職というもの

日本の平均寿命

現在の日本の平均寿命は、約80歳とされています。正確にいうのであれば、男性は、79.6歳、女性は86.4歳と定められています。これは、生まれてきた人に対する全ての平均的な寿命なので、60歳まで生きた人がそののちにどれほど生きるのかという平均的な寿命で、実際は、男性は82.9歳、女性は88.4歳となる事が多いです。

定年は単なる人生のラストステージではない

定年を昨年では65歳と定められている所が多いですが、一般的な基準から80歳としたとき、定年を過ぎた後の人生は平均的な数字だけで考えたとしても、20年から30年近く残されている事になるのです。現在では、定年は単なる人生のラストステージとなっている訳ではないのです。

病気などにかからず健康な体である限り、時間がたっぷりとあるのです。大体の日本人は、 生まれて定年まで決まった年齢通りに学校へいき、就職し会社に通い、定年を迎えると いう一般的な過程を通っていきますが、残りの時間に関しては過程が通用しないのです。 つまり何のレールもないので、自由な半面、何をしてよいのか分からない人も多くいるのです。

定年とは第2の人生

ポイント

定年とは第2の人生、それを実り豊かにする、人に人生というものは幸福を保証されているものではないので、さびしく孤独に亡くなる方もいて、苦しい思いをするか、悲しい思いをするかはあなた次第となっています。定年後の人生を左右する鍵は多くあります。

どういった人生を生きるか
お金

例えば、お金があるかどうかです。貧しくとも幸せな人生はあると思いますが、最低限の 生活に困らない程度のお金が必要ですよね。そして、健康面、どれほどお金があったとしてもベッドで寝たきり では、何もすることが出来ないのです。そして、生きがいですが、健康でお金があったとしても、やる事もなく 孤独では、どうしようもないので、あなた自身が見つけるしかありません。あなたがどういった人生を生きる かは定年後、老後に課せられた課題の1つです。寿命が延びている現代では特に老後の人生を考える大切さが さらに増しているのです。定年退職して趣味を始めたり、起業したりする人が非常に増えているのもその流れからなのです。

定年退職のお祝いの基礎的知識